2017年11月

10月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1237
ナイス数:41

ドイツ語のしくみ《新版》ドイツ語のしくみ《新版》感想
面白い!体系的な教本ではないが、ある程度基礎を抑えてから読むと、なぜそうなるのかが分かって飲み込みやすくなる。近頃ドイツ語にハマっており(近頃読了数が極端に落ちたのも専らそのせいなのだが)、独語版ロングマンとでも言えそうなLangenscheidtの辞書に早く乗り換えられるよう頑張ろうとハチマキを締め直した。
読了日:10月04日 著者:清野 智昭
あたりまえだけどなかなかできない説明のルール (アスカビジネス)あたりまえだけどなかなかできない説明のルール (アスカビジネス)
読了日:10月12日 著者:鶴野 充茂
野良猫を尊敬した日野良猫を尊敬した日
読了日:10月22日 著者:穂村 弘
若松英輔エッセイ集 悲しみの秘義若松英輔エッセイ集 悲しみの秘義
読了日:10月22日 著者:若松 英輔
石川くん (集英社文庫)石川くん (集英社文庫)
読了日:10月23日 著者:枡野 浩一
サルヴィフィチ・ドローリスサルヴィフィチ・ドローリス感想
10月というのは、気温が下がることもあって苦悩に対し敏感になるのだろうか?たまたまヨブ記を読んだついでに本書を思い出し、読んで読了登録してみると、初読の記録が一昨年の10月9日、再読が昨年10月23日、そして再再読が本日10月24日である。あまりに出来すぎているようだが完全に無意識だった。 他者の苦しみに敏感でありたいが、未熟な自分で手一杯だ。「他者を愛する」という一大テーマを重荷に感じることもある。本書はそんな風に焦る気持ちを引き留めて鎮めるような、穏やかな文体を持つ。秋のおセンチに効くのかもしれない。
読了日:10月24日 著者:ヨハネ・パウロ二世
影裏 第157回芥川賞受賞影裏 第157回芥川賞受賞
読了日:10月26日 著者:沼田 真佑

読書メーター